海外「日本を崇拝し過ぎだ!」 香港の中国語の試験問題に芥川龍之介が採用され話題に

2021.04.30

海外「日本を崇拝し過ぎだ!」 香港の中国語の試験問題に芥川龍之介が採用され話題に はコメントを受け付けていません

世界的に高く評価されている香港の教育制度。
長らく英国をモデルとした学制(6-5-2-3制)でしたが、
2009年に大幅な学制改革が行われており、
同年に後期中等教育課程(高校相当)に進学する学年より、
新しい学制(6-3-3-4制)が適用される事になりました。
新制の中で「香港中学文憑(DSE)」という公開の試験が新設されており、
この試験の結果により、大学への選抜が自動的に行われています。

日本とは違い大学が少ない香港では非常に重要な試験になるわけですが、
今月29日に行われた香港中学文憑の中国語の試験で、
なぜか日本の作品である、芥川龍之介の「蜜柑」が問題に使用され、
その事が現在香港で大きな話題になっています。

もちろん翻訳文ではあるのですが、中国政府寄りと考えられている、
香港政府や当局の方針からは逸脱していると考えられる事から、
香港の人々から皮肉めいたコメントが殺到していました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本こそ中華文化の継承者だ」 日本の出版社の60年に及ぶ大事業に中国人が感嘆

3473.png
Source: 【海外の反応】 パンドラの憂鬱

関連記事

コメントは利用できません。

更新情報

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031