ASEAN会合で韓国・中国が「福島の汚染水放出ガー!」と日本に抗議……なお、他の参加国は一切発言なし

2021.06.07

ASEAN会合で韓国・中国が「福島の汚染水放出ガー!」と日本に抗議……なお、他の参加国は一切発言なし はコメントを受け付けていません

韓中 日本の海洋放出に懸念=ASEAN関連の大使級会合(聯合ニュース)

東南アジア諸国連合(ASEAN)に韓国、中国、日本などを加えた東アジアサミット(EAS)の大使級会合が7日、テレビ会議形式で開かれ、日本政府が東京電力福島第1原子力発電所の処理済み汚染水の海洋放出を決めた問題が取り上げられた。

 ASEAN韓国政府代表部によると、この日の会合で同問題を巡り韓国、中国、日本がそれぞれの立場を表明した。

 中国側は、日本の決定は海洋環境や食品の安全、人の健康に深刻な影響を及ぼす問題であるとし、「放出決定は周辺国との協議なしに行われた」と批判した。

 韓国側は、日本の決定について、透明性、協議、検証の側面で問題があると指摘し、「人の健康と安全、海洋環境に否定的影響を及ぼしかねない放出決定に対し、韓国政府は深刻な憂慮を持っている」と強調した。
(中略)

 この日の会合に参加したそのほかの参加者は同問題について発言しなかった。

 今回の会合には、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、ブルネイ、フィリピン、カンボジア、ラオス、ベトナム、韓国、中国、日本、オーストラリアの大使らが出席。

(引用ここまで・太字引用者)


 先月末にも外交部の第2次官がIAEA本部のあるオーストリアまで尋ねて、グロッシー事務総長と面談したそうなのですが。

 
チェ・ジョンムン外交部第2次官とラファエルグロッシーIAEA事務局長(聯合ニュース・朝鮮語)

 「チョン次官は福島汚染水の海洋放出決定に懸念を伝え、IAEAの役割を要請した」とだけリリースされたそうです。
 それに対してグロッシー事務局長がなにを語ったかは不明。まあ、なにも言わなかったのではないかなと。

 で、今回はASEANの大使級会合で中国と韓国だけが日本に対して「汚染水ガー!」とやったと。
 日本はそれにいつもの「基準に則っている」という反論をして終了。

 日中韓以外に参加した国は──

シンガポール
マレーシア
ミャンマー
ブルネイ
フィリピン
カンボジア
ラオス
ベトナム
オーストラリア

 ──といったところだったそうで。インド洋、南シナ海、太平洋に接している国々も少なくないのですが、なにもコメントなし。
 沈黙は黙認につながるとちょっと前にも書きましたが。
 ま、そういうことです。
 韓国を支持するのは中国、北朝鮮、あとロシアくらいなものですよ。
 この3カ国に賛同するということはどういうことなのか、ちょっと落ち着いて考えたほうがいいと思いますが。
 考えて行動してたらこんな状況になってませんね。

 Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

Source: 楽韓Web

関連記事

コメントは利用できません。

更新情報

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930